STAFF BLOG

【東京都杉並区の野口工事】曳家工事は野口工事にお任せください。

曳家(ひきや)とは、建物をそのままの状態で移動する建築工法です。

家の移転を余儀なくされた場合や、敷地を有効に使うために建物の向きを変えたいという時に、家に住んだまま(条件等による)でも住居を移動いたします。
新築するよりも、費用も大幅にリーズナブルかつ短時間で工事が済みます。

曳家工事は、配置ミスに対しても非常に有効です。
建築中でも基礎ごと移動が可能ですので、短納期で費用を抑えて工事が可能です。

野口工事は大正2年に鳶職工事店として発足以来、実に多くの曳家工事、沈下修正のプロフェッショナルとして、由緒ある建物にも携わらせていただきました。
その技術、長年の実績から、近年では首都圏はもちろん、北は青森から南は鹿児島まで、日本全国からご指名を受けるに至っております。

どんな小さな事でもお気軽にご相談ください。弊社の経験豊富なスタッフが親身になってお客様のご希望をしっかりとお聴きし、最適なご提案をいたします。